スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第3回目】房州開運波乗り神社御朱印めぐり 二十二社版 後編

第3回目 後編
御朱印めぐりタイトル

今回は丸一日時間がとれた。ってことで自宅から一番遠い館山方面を制覇しよう! の後編
staticmap.gif

この地図は何気に便利。
さぁ、いよいよ F地点からはじまる南房総の神社を訪問しますよ!




勝山の港町を抜け、トンネルとひとつくぐると間もなくJR内房線 岩井駅へと到着します。
岩井駅

県の天然記念物に指定されている大蘇鉄
岩井の大ソテツ
これで一株。スゴイです

岩井神社へ到着。
道が細く、かなり迷いやすいかも・・・というか、乗用車で行った場合は見逃すとUターンは結構大変です
今日は総代さんの集まりがあるということで駐車場が満杯でした。
岩井神社
落ち着きのある境内。 シンプルな感じの神社です。

お参りを済ませ、お隣りの宮司さんのお宅で御朱印を頂きました。
岩井神社御朱印
こっちもシンプル!
-------------------------------------------
岩井神社 所在地:千葉県南房総市高崎906
岩井神社は、天王様と呼ばれ地域の人々に親しまれています。ご祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀っています。境内の神社として金刀比羅宮・若宮八幡宮が祀られています。かつては、磐井郷社牛頭天王八雲大社といわれました。治安3年(1023年)6月に磐井郷の総社としてこの地に勧請されました。鎌倉時代に源頼朝が石橋山の戦いに敗れて伊豆から安房へ逃れた際、残兵を集めて岩井神社に籠りました。祈願して帰陣の後、若宮八幡宮を造営し、多くの寄進も行いました。明治9年(1876年)に村社に、昭和53年(1978年)6月に千葉県規範神社となりました。
御朱印取得には電話予約が必要です→0470-57-2250
-------------------------------------------

この近所には 南総里見八犬伝で伏姫が八房と過ごした洞窟があるのですが今回は時間がないのでパス。




岩井の町から富浦を抜け、館山市へと入ります。
ロックシティー館山という大きなショッピングセンターがあるので、灯籠坂大師以降、容量オーバーしてしまったデジカメ用のメモリーカードを買い足します。

次の安房神社へは国道410号の北条バイパスを突っ切るのが最短コースなのですが、今日はバイクなので景色のよい房総フラワーライン側を走っていきます。 写真取る暇なかったけどね~

そうこうしているうちに安房神社へ到着しました。
とても大きい鳥居
安房神社
この参道は桜並木になっていて満開の時にはそれはそれは凄いことになっていると予想されます

でも桜はもうすぐ終わりかなぁ・・・
安房神社の桜
でも少し残っていたのでバイクと一緒に撮ってみた。

ものすごく綺麗です。
安房神社参道
花が散って尚美しい!違う季節にもまた来てみたい

境内はとても広く、今までの神社には無い力強さみたいなものを感じます。
安房神社境内
パワースポットって言葉が流行ってるけど、こういう事を言うんだなぁという感じ

お参りを済ませて御朱印をいただきました。
安房神社御朱印
-------------------------------------------
安房神社 所在地:千葉県館山市大神宮589
房総半島の南端神戸郷に静まり座す旧官幣大社安房神社は、天太玉命を主祭神に天比理刀命を配祀として奉斎し、摂社下の宮に天富命をまつる。
延喜の制には名神大社に列せられ、安房全域を神都として有した全国屈指の名社である。本社の主祭神天太玉命は中臣氏の祖神天児屋根命と相並んで天照皇大神の側近に重臣として奉仕し、政治・祭祀・農漁業・建築・金属工業等、諸産業の祖神を統率された大力無双の神に坐す。
天照皇大神が天石窟に御幽居あらせられた時には、大神の出御に大功を顕わされた。
房総開拓の神として下の宮に祀らるる天富命は、天太玉命の御孫にあたらせられ神武天皇の重臣に坐す。
天富命は、勅命を体して四国阿波国忌部族の一部を割いて海路東方に沃土を求められ、最初に占拠されたのが房総半島の南端、即ち現在の安房神社の鎮座地であって茲に本拠地を定めて祖神天太玉命の社を建てた後、次第に上総・下総に進み房総半島に麻穀を播殖しその産業地域をひろめられたのである。
-------------------------------------------

装飾・美術の神 紡績・製紙業の神 林業・建築業・武器製造業の神 金属工業の神といった感じで、産業に関する多数の神様がお祀りされています。
社殿や境内がとても立派なのは、産業の発展を反映しているという事なんでしょうかとても立派な神社でした。
イチオシ!




安房神社から海沿いの道 房総フラワーラインに沿ってしばらく走ると、その道は、やがて最南端の野島崎を超え緩やかに北上してゆく。
そしてその道筋が完全に北に向いて程なく大きな港を中心とする千倉の市街地へと至る。
国道410号線から県道187号線へ道が変わり、港町らしいその市街地に入って間もなくのの路地を左に入っていく道が
次の目的地、高家神社へと続く道になっている。

高家神社の参道はチョットした上り坂。地域のコミュニティーセンターと社会福祉センターに挟まれて一の鳥居がある。
高家神社参道
ここも雰囲気抜群!

そして階段を登って行くと見えてくるのは、今回の旅で初めて登場する茅葺き屋根の神社。
高家神社
独特の温かみのある外観で心が穏やかになります。

お参りを済ませ宮司さん直筆の御朱印をもらいました。
高家神社御朱印
ここは日本で唯一、料理の神様をお祀りしている神社です。
特製の醤油も販売されています。
-------------------------------------------
高家(たかべ)神社 所在地:千葉県南房総市千倉町南朝夷164
 高家神社の主祭神は、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)で、日本で唯一、料理の神様を祀る神社です。古くから味噌、醤油の神様としても全国にその名を知られ、調理師、調味加工業者の信仰を集めてきました。高家神社は延喜式神名帳に登載される小社のひとつで、現在の位置に祀られたのは江戸時代になってからです。
 日本書紀、また、延暦8年(789)に朝廷に奉ったといわれる高橋氏文(たかはしうじぶみ)によれば、“景行天皇が安房の浮島に行幸のおりに、磐鹿六雁命が、鰹と白蛤を調理し献上したところ、天皇は大層喜ばれ、以後、磐鹿六雁命は膳大伴部に任ぜられ、宮中の料理番として迎え入れられた”と記されています。
-------------------------------------------

宮司さんのお話を聞いたところ、茅葺きは本当は長持ちする筈なんですが意外と傷みが早く、茅葺きの宮大工さんが全国的にも少なくなってしまって補修・改装にはとても苦労するそうです。
でもこの佇まいはとても雰囲気がいいので何時までも続いてもらいたいですね。



莫越山神社で御朱印を貰うためには電話での予約が必要なのですが、高家神社の宮司さんからの情報で神社の山の下に宮司さんのお宅があることと夕方は割と在宅してますよ。とのお話をいただけたので急いで行きます。

高家神社のある千倉から国道410号に戻り房総フラワーラインを北上。
国道128号線、通称外房黒潮ラインとぶつかる交差点を左へ曲がり410号を再びトレースすると莫越山神社へ到着します。

莫越山神社の参道
莫越山神社参道
ここから石段を駆け上がります。

ぜーぜー・・・何で走っちゃったんだろう・・・
落ち着きのある境内です。
莫越山神社
写真中央付近から右側に伸びているのがスダジイ。 南房総市指定文化財となっていて、子育ての椎と言われ進行されているとのことですが、生で見ると結構な迫力ですよ!

お参りして、宮司さん宅に電話をすると神社の脇から直接降りられる階段があるとのことで、途中まで降りた参道の階段を引き返し宮司さん宅へ続く階段を降りて御朱印を貰います。
莫越山神社御朱印
ここまで御朱印といえば角印が殆どだったのですが、この御朱印は可愛い感じ。



さて、ここまで南房総の神社を回ってきました。
下の地図で言うとAから始まって反時計回りにIまで。
staticmap.gif
入手した御朱印は8つ、およそ1/3といったところでしょうか。

今回は丸1日ということで5社も回ることができました。
莫越山神社からの帰り道はJKLMN地点をかすめて帰ることになるのですが、時間的に日が暮れ始めているので
ここはまた後日の参拝ということに。

帰り道はひたすら北上!
道中、長南町に「田舎家」という美味しいトンカツ屋さんがあるので、晩ご飯に寄ります。
田舎やカツカレー
驚く事なかれ、このカツカレーは普通盛りですw
ブランド豚のトンカツも非常にリーズナブルに楽しめる田舎家さん。 マジオススメです!

ということで、第3回目後半いかがだったでしょう?
そろそろ雨が多い季節になってくるのでバイク以外の交通手段も出てくるはず
雨の神社もまた趣があってよさそうなのでお楽しみに~

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ngos.blog22.fc2.com/tb.php/99-39c28e45
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

んごす

Author:んごす
youtubeとかニコニコとかに動画うpしてる人

XLR125Rを入手したのでツーリングに行ったり、近場のドライブに出たりしたレポートもこちら

当BLOGでは輪廻のラグランジェを応援しています 輪廻のラグランジェ 応援バナー

Twitter

 

カテゴリ

最新コメント

最新記事

リンク

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
Copyright © んごす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。