スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第2回目】房州開運波乗り神社御朱印めぐり 二十二社版

第2回目
御朱印めぐりタイトル

さぁ!今日も天気がいいぞ!!
ということで2回目もバイクでいってみましょう

出発時間は午後1時半。今回も長いぜ!


だいたい自宅から20分位で前回と同じく大仏通りへ到達します
時間は13時45分位でしょうかね

そういえばなんで「大仏通り」なのかって話をしてませんでしたが、この地にはなんと
奈良の大仏があるのです。
え?何言ってるのかわからないって?

じゃぁ見ていただきましょう。
奈良の大仏・・・・

大仏居ない居ない・・・居ないんだ!大仏さんが!

奈良の大仏2Oh...
なんということでしょう。 先日の余震で転落。
しかも首は無残にも行方不明。 転落した場所が抉れているうえ 台座が地面に刺さってる。

まぁ何にせよ、こういったわけで大仏通りな訳です。
それでも地元では桜の名所なので度々車がやってきますがみんな落胆して帰っていきます。
奈良の大仏3
まだ五分咲きでした。



さて、余談はこれくらいで本題いきましょう。
今回は、市原市にある島穴神社へ向かいます。
前回の大宮神社からだいたいバイクで10分位の所にあります。

住宅地から離れた田んぼの中にある森
島穴神社参道ここは島穴神社の参道。桜が綺麗です。
橋の下は農業用水路ですがいい雰囲気です
島穴神社

チャリーン ガラガラン ペコペコ パンパン ペコリ
「今年一年家族全員健康に過ごせますように」
月並みだけど大事なこと。

そして今日の罠はここからでした。
島穴神社は御朱印を貰うために予約が必要。
「電話をしてみると宮司さんの家に行けば貰える」ということだったのですが、道が複雑で一向に辿りつかない。
説明を理解できず、4回も電話して1時間がかりで到着。
なんとか御朱印をGETしました。
島穴神社御朱印
-------------------------------------------
島穴神社 所在地:千葉県市原市島野1129
御祭神は志那津比古尊(しなつひこのみこと)をお祀りしています。「延喜式」にも記載される古社です。社伝によると日本武尊が東征の際に海上で暴風に遭ったため風神の志那津比古尊をお祀りしたのが始まりといわれています。
御朱印取得には電話予約が必要です→0436-21-2522
-------------------------------------------
日本武は東征においては随分苦労したみたいで、ここでもお祀りしていますね。

さて、時間がかかってしまいました。
現在14時45分 そろそろお腹がすいてきたので、木更津金田のかもめ食堂へ「穴子天丼」を食べに行きたい!
でも間に合うかなぁ・・・・




国道16号を一気に南下、アクアラインへ続く「アクア連絡道」の下をくぐって並走します。
程なく木更津金田の入り口なんですが、間違って入らないように!
目的地はここ!
遅刻かもめ食堂
アクアわくわく広場にあるかもめ食堂の穴子天丼が食べたかったのだが・・・・
あいにく15時までの営業で20分ほどオーバーしちゃっていました。 残念!
まぁまだ御朱印めぐりの旅で通るでしょうから今回はおあずけで次回に期待しましょう。




木更津市内に入り次に目指すのは
八剱八幡神社
この神社は今千葉県内ではかなりアツい神社です。
八剱神社
商店街の横をちょこっと入っていくとこんな立派な神社があります。
名前もカッコヨスギ!

実はこの神社では超カッコイイ地元ヒーローが公認されています。
八剱神社2←クリックで拡大してみよう。
木更津を守るニューヒーロー見参!
チバテレビローカルな番組ですがいい感じに面白いですよ。見ましょう!

八剱神社3あんぎょうさんはまだ真新しいですが交通安全祈願の台座に座っています。
花粉症なのか結膜炎気味です

八剱神社4
それでは・・・・
チャリーン ガランガラン ペコ ペコ パンパン ペコリ
「今年結婚する妹が幸せな家庭を築けますように」
ちなみに今月 結婚式の予定で福島に嫁ぎます。

では御朱印をもらいましょう
八剱神社御朱印
やっべー これはまたカッコイイ! というより字が凄いうまい。 書道やってたカミさんも絶賛してましたよマジで

-------------------------------------------
八剱八幡神社 所在地:千葉県市原市島野1129
 ご祭神は主神に誉田別命(ほんだわけのみこと)・息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)・足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)を相殿に素盞鳴命(すさのおのみこと)・日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りしています。
 社伝によると古くから八剱の里、八剱の神と称されてきました。源頼朝が鎌倉幕府開幕にあたり神領を寄進して社殿を造営したといわれます。天正19年に徳川家康から社領3石2斗を寄進され、御朱印を授与されました。
 八剱八幡神社は「八幡様」の呼び名で親しまれており、正月などには多くの参詣客が訪れます。拝殿の天井には狩野派の技法で風景・花鳥・動物などの装飾画が描かれています。18世紀の作品と思われ、市の指定文化財になっています。毎年7月第2土曜日と翌日曜日に行われる夏祭りで関東三大神輿のひとつといわれる重さ1.5トンある大神輿の御渡があります。
-------------------------------------------
ここでも日本武尊が登場、ちなみにチバテレで放送している 鳳神ヤツルギの主人公は大和タケルですw
八剱神社も正式に協賛しています



今日は桜も綺麗だし、ここでもう少し日本武尊にまつわる場所に行ってみましょう

-------------------------------------------
大田山公園
木更津市を一望できる小高い丘全体が公園となっていて、桜やつつじの名所でもあります。その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)がこの丘に立ち、荒海を鎮めるために身を投げた弟橘媛(おとたちばなひめ)を偲んだと言う伝説ゆかりの地であることから、「恋の森」とも呼ばれています。
-------------------------------------------
これがきみさらずタワー
きみさらずタワー
頂上に日本武尊と弟橘媛の銅像が居ます。

日本武尊が東征の折、相模の走水から上総へ渡ろうとしたとき、にわかに強風が起こり船が難破しそうになったところ、妃の弟橘媛が身をもって尊の命を救おうと海中に身を投じ海神を慰めたので、怒濤はたちまちにしておさまり無事に上総に渡ることができた。尊は太田山の頂から海を見下ろし、媛の末路を哀れんでしばしこの地を去らず、後年この地方を「君去らず」と呼ぶようになったというもの。
そう、ここ木更津の地名の由来ともなる伝説だったんですねー

またここから見る夜景はナカナカの素敵な感じなんだそうですが今日はパス
そのかわり東京湾をバックに桜を撮ってみました
きみさらずタワー 海を望む桜 ←サムネクリックででかくなるよ
ちば眺望100景 関東の富士見100景にも選ばれている公園です。
もう少し天気がスッキリ晴れてればよかったのになぁ・・・ 海ほたるがかすれていました。チョット残念!

本当はもう一本、君津の神社へ行けばこの辺の神社は制覇ってことになるんだけどこちらも御朱印は予約が必要で時間もすでに17時近いので今回はパス!

このまま家路へつきました。
最初こそ我らが大仏ちゃんの無残な姿でしたが、全体的には桜が綺麗に咲いていていいツーリングになりました。

さぁ、次回は何処になるのかな・・・・

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ngos.blog22.fc2.com/tb.php/97-292ba38a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

んごす

Author:んごす
youtubeとかニコニコとかに動画うpしてる人

XLR125Rを入手したのでツーリングに行ったり、近場のドライブに出たりしたレポートもこちら

当BLOGでは輪廻のラグランジェを応援しています 輪廻のラグランジェ 応援バナー

Twitter

 

カテゴリ

最新コメント

最新記事

リンク

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
Copyright © んごす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。